[:ja]1万円台で最強のSIMフリー・スマホ、Lenovo ZUK Z2購入。[:]

2017年2月14日格安SIM

[:ja]こんにちは、ichibanです。
先日記事に書きましたが、愛用のスマホが壊れてしまい、ここのところ新機種候補を探していました。

昨年購入以来愛用しているOukitel社のU7 PlusにAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)の自動アップデート(OTA)がやってきました。「U7 Plus」とはAliexpressで約70ドルで購入した激安LTEスマホです。真面目な中華メーカーOukitelOukitelは零細メーカーの割にこまめにOSアップデートを行ってくれます。ユーザー思いの無償サービスでありがたいことです。普段はバグフィックスの配信がほとんどなのですが、この度届いたのはAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)で、ダウンロード容量は約1Gバイト。待ちに待ったアンドロイド7.0です。「これはさっそくブログ...

でもドコモショップやワイモバイルで買う普通のスマホでは面白くありません。
私の狙いは、中華スマホです(ただの変態)

これまで使っていたスマホはわずか70ドルの中華製「U7 Plus」という格安機種。
でも今回は自分へのご褒美?として、すこし良い機種を買いたいと思いました。
予算を2万円まで上げて探します。
「U7 Plus」はiPhoneにそっくりで、通話やネットなど機能に不自由はないのですが、カメラが弱いのが唯一の弱点です。
撮影や動画など負荷のかかるタスクはワンテンポ遅れます。
ですから次はカメラ性能が優れた機種が希望です。
またメモリもたっぷり積んでいて、サックサクの機種が理想。
しかもできれば5.0インチくらいで、ポケットに入る機種が使いやすいと思いました。

そんな観点で、今回選んだのはZUK Z2という機種です。

 

地味なデザインです。
なんとなくiPhone 5に似ている気もします。
色は黒と白の二色あります。
ZUKという無名なメーカーが作っているスマホです。
パソコン製造のLENOVOのインド子会社との説がありますが、真偽の程は不明です。
http://shopap.lenovo.com/in/en/smartphones/zuk/zuk-z2-plus/
(インドLenovoのホームページ)

低価格なのに超・高性能

この機種は二万円前後と低価格なのに、上記の写真にある通りクアルコムのスナドラ820という高速SoC(スマホの心臓部)を採用しています。
スナドラ820といえば、 Samsung Galaxy S7やSony Xperia X Performanceなど有名メーカーの最高級機種に採用されているものです。
海外サイトで調べるとSoc単体の原価だけで70ドルもするようです。
壊れてしまったOukitel U7 Plusがまるまる買えるお値段です。

Compared to $30 for Helio X20 Qualcomm is definitely back in the high-end phone game with the Snapdragon 820. The Samsung Galaxy S7 and LG G5, two fla...

メモリはRAMが4GB、ROMが64GBとたっぷりあります。
U7 PlusはRAM 2GB、ROM 16GBしか無いため、SDカードを挿して使っていましたが、いまひとつ不便でした。
再起動のときにSDカードに移したアプリが認識されないことがあるのです。
先日U7 Plusがアップデート時に壊れてしまったのはSDカードのせいという説もあります。
ZUK Z2はSDカードの差込口はありませんが、64Gもの容量があれば不自由ないはずです。

中華スマホの専門サイトを見ても評判は悪くないようです。

Lenovo ZUK Z2をGearBest様にいただいたのでレビューします。 ZUKはLenovo傘下のブランドで、2015年創業というスマートフォン業界では若いほうですが、ハイスペックなのに低価格なZ1、Z2シリーズを発売したり、コンセプトモデルとしてベゼルレスの透明ディスプレイのスマートフォンを公開した

こんにちは。かのあゆです。Lenovoが中国やインドなど一部の国で展開している「ZUK」ブランドのフラッグシッ…

ベンチマークテストAntutuで13万ポイントを記録するそうです。
(=すごく早いという意味)

Zuk Z2、大量売れ残り疑惑

本当ならば他社で5万円以上する高スペック機種ですが、デザインがダサいせいか、それともブランドの認知度が低いせいか?
とにかく世界中で大量に売れ残っている模様。
Banggoodなどの中華通販サイトで2万円以下で爆売されています。
最安値は昨年12月のクリスマス頃に160ドル台、日本円で1万7千円くらいだった時でした。
その後、1月に入ってトランプ大統領就任後の円安で2万円以上に値上がり。
2月に入ると中国の旧正月で品薄状態になり、さらに値上がり。
なかなか買えずにいました。
しばらく買い時を伺っていたのですが、最近やっとまた値下がりしてきました。

Banggoodがいちばん安かった

2月20日までのキャンペーンで179.99ドル

Banggoodのサイトを見ていたら、ZUK Z2の特別セールを発見。
最近見ない低価格だったので、即購入してしまいました。
上記の画面はBanggood.comの画面キャプチャーです。
今日(2月14日現在で)まだ、179.99ドルと表示されています。
179.99ドルでも十分安いと思います。
でもこれに「zuk2017」というクーポンを入れると、さらに8%OFF(値下げ)されます。
これは日本への航空便運賃・配達保証も込みの価格です。
驚きの価格ではないでしょうか。
ほかにもgearbestやgeekbuying、AliExpress、Ebayなどの中華通販サイトを調べましたが、今日時点ではBanggood.comがもっとも安いようです。
下記は私が実際に買った値段の画面です。

ZUK Z2が18,799円で買えた

販売価格20,434円のところ、クーポンで1,635円値引きされて18,799円になりました。
12月に比べればちょっと高いような気もしますが、早く欲しいのですぐ決済しました。
Banggood.comではドル・円の換算レートが随時更新されていますので、円高のタイミングを見計らって買うのが吉です。
でも待っていると、時には値上がりすることがあるのが中華通販サイト。
もともと安物なのでどこかで踏ん切りをつけて決済すべきかもしれません。

なお、このサイトでは決済通貨をドルや日本円、ユーロなど様々な通貨から自由に選ぶことが出来ます。
ドルなど外貨で決済すると後日、クレジットカード会社で円換算されて請求が来ます。
正確な購入価格は請求書が来るまで分かりません。
ですから、Banggoodは日本円で決済するほうが精神的に良いような気がします。

すぐ発送通知が来た

そして決済してから二日後にはBanggoodからメールで発送通知が来ました。
楽天と違い、とても対応が細かくて親切なサイトです。
そのなかに荷物のTracking Info(伝票番号)も書かれています。
世界中の荷物を追跡できる、http://www.17track.net/ で現在地を調べてみると・・・。

Banggoodは中国サイトなのに、Switzerland(Swiss Post)と書いてあります。
「Asendia香港、委託は、原点の境界線を残しています。」ということです。
スイス?香港?
よく分かりませんが、とにかく送ってくれたようです。
到着までひと月くらいかかることもあるようなので、気長に待つことがします。
無事に届いたらレビューしてみたいと思います。

なお、すぐ手に入れたい方はアマゾン(↓)で購入することも出来ます。
転売業者が仕入れたもので一万円ほど高くなりますが、正規品がすぐ届くはずです。
値段を見比べてみてください。
多少リスクはありますが、私なら中国から輸入します。
この価格帯なら関税もたぶん免税になるはずですし・・・。

 

 

 

 [:]

格安SIMZUK Z2

Posted by ichiban